本文へスキップ

人事・労務問題解決のパートナー/社会保険労務士のコラボレーション/賃金制度、人事評価制度

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル
TEL.
03(5665)3570 e-mail. info@hrm-consul.com

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15

人材活性化講座recture

賃金、人事制度講座

適正な人件費水準を考えるには

大切な「人件費」の考え方

人を雇うと必ず「人件費」というコストが発生します。
それは毎月支払っている給与だけではありません。

こうしたことを意識していない経営者が、意外と多いようです。
そして利益が落ちてきたり、赤字になって初めて数字を見て、驚くということになります。

そうなってからでは遅すぎます。
客観的な数字をきちんと把握し、コストコントロールをしていかないと、大変なことになります。

人件費で注意することは

人件費で厄介なのは、すべてコントロール可能とは限らないということです。
増やしたくない、増やしたつもりはないのに、いつの間にか人件費が増えていることがあります。

「そんなのあり?」と思うかもしれませんね。
でも、「あり」なのです。

「それは、なに?」

大きいのは、「法定福利費」、つまり社会保険料の会社負担分です。
社会保険財政の逼迫を反映して、社会保険料は毎年のように上がっています。これはどうにもなりません。会社が何もしなくても、勝手に経費が増えていきます。

また、賃金が上がれば、それに伴って社会保険料も上がります。
「賃上げ○○円」でも、「人件費○○円+α円アップ」となるのです。

人件費水準はどれぐれいにすれば?

人件費が多すぎると、経営を圧迫し、立ち行かなくなります。

だからと言って削りすぎると、従業員の受け取る賃金も減ります。
みなヤル気をなくし、会社から逃げていってしまい、これまた経営が立ち行かなくなります。

どれぐらいの水準にするのが適当なのでしょうか?

2つの指標に注目

こうしたことを考える指標は2つ。
ひとつは「売上高人件費比率」、もうひとつは「労働分配率」。

「売上高人件費比率」
売上高に占める人件費の割合です。
「人件費÷売上高×100」という算式で出します。

「労働分配率」
付加価値に占める人件費の割合のことです。
「人件費÷付加価値×100」という算式で出します。

「付加価値」とは、会社が生み出した新たな価値。
「営業利益+人件費+動産・不動産賃借料+租税公課」という算式で出します。
これに減価償却費を加える方法もあります。

この2つの指標を見て、人件費コストをコントロールしないといけません。

ではどのぐらいが適当なのでしょうか?

答えは「無し」。

「そりゃないだろう」と思われたかもしれません。
しかし事実です。

労働分配率や売上高人件費比率に限らず、経営指標に「これがベスト」というのは存在しないのです。
たとえば、「売上高営業利益率は○○%であるべし」なんていう話は聞いたことがありません。

それなら、どう考えればいいのでしょうか?

ひとつは業界平均と比較してみることです。
もちろん、業界平均が正しいとは限りません。
ただ何はともあれ、経営が成り立つ数字と言っていいと思います。

もうひとつは、自社の過去の数字の推移です。
過去5〜10年ぐらいのスパンで推移を分析してみましょう。
業績との関係も見る必要があります。
そこから、自社にとって適正なゾーンというのを捉えていけばいいのです。

これからの人件費コストを考える

理想は、「賃金は高く、人件費は抑え目に」。
「そんなこと、できるのか?」と思うかもしませんね。
でも、できるのです。
別にマジックを使うわけではありません。

実現のカギは「賃金のメリハリ」。
つまり、「貢献した人に報いる賃金体系」にすることなのです。

それをやらないと、「それほど賃金は高くないが人件費は高い」ということになってしまいます。
これが、多くの会社の実情ではないでしょうか。賃金体系をうまく設計することで、人件費は、「経営を圧迫するコスト」から、「将来新たな価値を生み出す投資」に大きく変貌します。
同じおカネでも、活き方がまったく異なってくるのです。
このような面でも、賃金改革は急務なのです。

前へ  次へ

関連リンク


人件費管理講座目次

人材活性化講座目次


無料小冊子、メルマガ

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15
TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
E-Mail:info@hrm-consul.com

メンバー最新書籍、執筆記事

人事実務
「月刊人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」
(杉山秀文著)
経理ウーマン
「月刊経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」
(杉山秀文著)

プロの人事賃金コンサルタント
「プロの人事賃金コンサルタントに
なるための教科書」
(二宮孝著 日本法令)

労働条件審査実践マニュアル
「労働条件審査実践マニュアル」
(五十嵐一浩、杉山秀文著 日本法令)

労働条件審査実務
「DVD 手順でわかる労働条件審査実践実務」
(五十嵐一浩、杉山秀文 日本法令)

朝型勤務実践ガイド
「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」
(杉山秀文著
ビジネスパブリッシング)