本文へスキップ

人事・労務問題解決のパートナー/社会保険労務士のコラボレーション/賃金制度、人事評価制度

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル
TEL.
03(5665)3570 e-mail. info@hrm-consul.com

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15

人材活性化講座recture

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し
TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

賃金、人事制度講座

秩序のない賃金をどう秩序づけるか(1)

賃金には秩序が必要です。

こう書くと、何やらいかめしい話のように見えますが、ここでいう秩序とは、一定の基準に則って賃金が決められているということです。A

言い方を変えると、「賃金に秩序のない状態」とは、「なぜその金額になっているのか説明のつかない状態」を指します。

たとえば、誰がどうみてもAさんよりBさんの方が仕事ができるのに、賃金はAさんの方が高いというケース。

それでも、Aさんの方が年齢が高いとか入社が早いとか、あるいは家族数が多いといった事情にあれば、賃金がその分高くなるということもあり得ます。

年齢、勤続などで賃金額が決まることの是非、納得性は別として、少なくとも説明はつきます。

しかし、年齢や勤続、家族数なども両者で同じとか、あるいはBさんの方が上回っているとなると、「?」となります。

説明しずらい状態ですね。


ただし、実はこれ、説明できる場合もあるのです。

過去はAさんの方がBさんより仕事ができたが、今は逆転しているという場合です。

これまでの実績の積み上げがあるため、賃金面ではまが逆転していないということですね。

このような状態にある場合、賃金全体のうち、どの部分が過去の積み上げ分で、どの部分が現在のレベルの反映なのかがはっきり分かるようにしておくのがベターですね。

また、過去の実績をいつまで引っ張るのかという問題もあります。


少し横道にそれましたが、いずれにしても賃金というのは、これまでの様々ないきさつを引きずっていることが少なくありません。

その結果、どうにもよくわからない、そして納得感のない状態になってしまっているわけです。

前へ  次へ

関連リンク 賃金をめぐるトピックス


賃金、人事制度講座目次

人材活性化講座目次

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

無料小冊子、メルマガ

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15
TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
E-Mail:info@hrm-consul.com

メンバー最新書籍、執筆記事

人事実務
「月刊人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」
(杉山秀文著)
経理ウーマン
「月刊経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」
(杉山秀文著)

プロの人事賃金コンサルタント
「プロの人事賃金コンサルタントに
なるための教科書」
(二宮孝著 日本法令)

労働条件審査実践マニュアル
「労働条件審査実践マニュアル」
(五十嵐一浩、杉山秀文著 日本法令)

労働条件審査実務
「DVD 手順でわかる労働条件審査実践実務」
(五十嵐一浩、杉山秀文 日本法令)

朝型勤務実践ガイド
「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」
(杉山秀文著
ビジネスパブリッシング)