本文へスキップ

人事・労務問題解決のパートナー/社会保険労務士のコラボレーション/賃金制度、人事評価制度

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル
TEL.
03(5665)3570 e-mail. info@hrm-consul.com

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15

人材活性化講座recture

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

賃金、人事制度講座

職種別賃金を考える(1)


「職種」というコトバが最近のキーワードになっていますね。
「職種別採用」、「職種別賃金」、「職種別勤務体系」…

この背景にあるのは何でしょうか?
やはり、人事と仕事の関係が、これまでになく強く意識されるようになったということでしょう。

就職にしても、そうですよね。
これまでは「就社」という色彩が強かったのに対し、近年は、「会社に入ってどんな仕事をするのか」を意識して就職活動をする人が増えてきました。

キャリア志向の高まりもあるのだと思います。
自分がどんな仕事をして、どう成長していくのかを、誰もが強く意識するようになりました。

成果主義の影響もあります。
成果主義とは、仕事の成果に対して賃金などの処遇を決める仕組み。
成果主義については昨今、いろいろと批判が強くなっています。
私はこれは、「誤った成果主義」が蔓延してしまったためと思っていますが…

それはともかく。
成果主義以前の日本の賃金は、年功序列か職能給が主流でした。
いずれも、本人の属性によって賃金が決まる「属人型賃金体系」。

(職能給というのは本来、賃金と仕事の結びつきを指向していたはずですが、結果として、基準の曖昧な属人型賃金になってしまいました。
ただ、これはやりようによって、まだまだ通用する賃金体系だと思っています。)

成果主義によって、仕事と賃金の関係が、これまでになく意識されるようになったように思います。
この点は、成果主義の功罪の「功」の部分ではないでしょうか?

◆「職種別賃金」

この「職種別賃金」。
私はこれが、これからの賃金体系のひとつの姿になっていくのでは?と思っています。
つまり、

  • 一人ひとりの貢献度を反映できる賃金
  • 人材育成につながる賃金
  • 人件費コントロールのできる賃金
  • 働き方の多様化に対応する賃金

−−こうしたことを実現できるのではないかと。

前へ  次へ

関連リンク


賃金、人事制度講座目次

人材活性化講座目次

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

無料小冊子、メルマガ

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15
TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
E-Mail:info@hrm-consul.com

メンバー最新書籍、執筆記事

人事実務
「月刊人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」
(杉山秀文著)
経理ウーマン
「月刊経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」
(杉山秀文著)

プロの人事賃金コンサルタント
「プロの人事賃金コンサルタントに
なるための教科書」
(二宮孝著 日本法令)

労働条件審査実践マニュアル
「労働条件審査実践マニュアル」
(五十嵐一浩、杉山秀文著 日本法令)

労働条件審査実務
「DVD 手順でわかる労働条件審査実践実務」
(五十嵐一浩、杉山秀文 日本法令)

朝型勤務実践ガイド
「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」
(杉山秀文著
ビジネスパブリッシング)