本文へスキップ

人事・労務問題解決のパートナー/社会保険労務士のコラボレーション/賃金制度、人事評価制度

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル
TEL.
03(5665)3570 e-mail. info@hrm-consul.com

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15

人材活性化講座recture

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

賃金、人事制度講座

「ウチの会社の賃金はどんな問題がある?」−−現状分析の方法(3)


2)賃金分析

賃金は、「個別」と「総額」の両方の切り口から見るようにしましょう。

個別賃金を見るには、賃金の分布状況や賃金構成を分析します。
また、総額賃金分析では、売上高などの経営指標と賃金(人件費)総額との関係を見ます。

2-1)賃金分布分析

従業員全員の賃金が、どんな分布をしているのかを分析します。

縦軸に賃金額、横軸に年齢、役職などの基準を使ったプロット図(散布図)を作り、基準値との相関を見ます。たとえば、縦軸に賃金、横軸に年齢を使い、賃金と年齢の相関関係を見るのです。
実在者を点で示します。ちらばりが小さければ相関は高く、大きければ相関は低いということになります。

また、縦軸に使う賃金額に、どのような賃金項目を入れるかも検討し、複数パターンのプロット図を作るのがいいでしょう。

2-2)賃金構成分析

あなたの会社の賃金には、どんな項目がありますか?
もし、○○給、○○手当など、複数の賃金項目があれば、その構成比率を分析しましょう。

これをやると、何を重視して賃金を決めてきたかがはっきりします。
たとえば、もし賃金が、能力給と年齢給から構成されていて、能力給の比率が高ければ能力主義的要素の強い賃金体系だと推測されます。

ただひとつ、注意が必要です。
単純に賃金構成だけを見て、その会社の賃金体系の特徴を判断することはできないということです。ほかのいろいろな分析結果も見なくてはなりません。

また、所定内賃金と、残業手当なども含めた、賃金全体の2つの切り口から賃金構成を見る必要があります。

もし能力や仕事に対応した賃金体系をとっていたとしても、残業手当などの占める比率が高いと、能力や仕事が本当に賃金決定の柱になっているとは言い難いということになります。

また、残業手当の占める比率が高いということは、残業時間がそれだけ長いということであり、それはまた、別の問題がありますね。

前へ  次へ

関連リンク


賃金、人事制度講座目次

人材活性化講座目次

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

無料小冊子、メルマガ

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15
TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
E-Mail:info@hrm-consul.com

メンバー最新書籍、執筆記事

人事実務
「月刊人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」
(杉山秀文著)
経理ウーマン
「月刊経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」
(杉山秀文著)

プロの人事賃金コンサルタント
「プロの人事賃金コンサルタントに
なるための教科書」
(二宮孝著 日本法令)

労働条件審査実践マニュアル
「労働条件審査実践マニュアル」
(五十嵐一浩、杉山秀文著 日本法令)

労働条件審査実務
「DVD 手順でわかる労働条件審査実践実務」
(五十嵐一浩、杉山秀文 日本法令)

朝型勤務実践ガイド
「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」
(杉山秀文著
ビジネスパブリッシング)