本文へスキップ

人事・労務問題解決のパートナー/社会保険労務士のコラボレーション/賃金制度、人事評価制度

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル
TEL.
03(5665)3570 e-mail. info@hrm-consul.com

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15

人材活性化講座recture

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

賃金、人事制度講座

人材を活性化する人事評価の作り方〜評価基準(3)


2.行動基準

(1)行動とは

「行動」を評価の基準にするという考えは、比較的新しいものと言っていいでしょう。
ただ、能力基準でも、いわゆる「発揮能力」、つまり表に現れた能力を評価基準にするという場合があります。(これに対して、「保有能力」を評価するというやり方もあります)。
この「発揮能力」というのは、「行動」にかなり近い概念と言っていいかもしれません。

ただ、「能力(発揮能力、保有能力とも)」という場合、「○○ができる」という表現になります。それに対し、「行動」という場合は、「○○をやった」と表現されます。
つまり、「行動」の方が、実際にやった事実を見るという意味合いが強くなります。

(2)行動基準のメリット

「能力」という目に見えないものを評価するのは、意外と難しいものです。
誰が見ても優秀とか、誰が見てもCクラスという場合は別として。

※そういう人は、どんな基準を使っても、概ね妥当な評価をすることができます。
難しいのは、大半を占める「中間層」、つまり「抜群とまでは言えないけど、それなりに仕事をしている人」の評価なのです。

一方「職務」は、目に見えるものですから、明確です。
ただ、職務というかっちりしたものを定義しないといけません。

「表面塗装職」
「店頭販売職」
−−といった具合です。

このように定義できることが、どの程度可能か?
特に難しいのが、ホワイトカラーなどの企画業務。
見ているだけでは、何をしているのか分かりません。
たとえば企画書作成業務を「ワープロで文書を作成する」と定義しても何の意味もありません。それは業務の手段であって、業務そのものではないのです。

また、業務内容も多様かつ柔軟になってきています。
変化のスピードも上がっています。
そんな中で、会社のあらゆる業務を「職務」としてかっちり定義することが難しくなっています。

そういう意味では、職務基準というのは、どちらかというと定型的な業務に向いていると言えます。

その点で、行動基準は、「仕事をする上で取るべき行動は何か」、「その人はどんな行動をとっていたか」に着目しますので、比較的柔軟です。
また、能力と異なり、表に出ているものに着目しますので、明確です。

(3)行動基準

「行動」と言っても、何でもいいわけではありません。
対象になるのは、その人が担う職務遂行上必要な行動、役割を果たす上で必要な行動です。

このようなものを一般に「役割行動」と呼んでいます。

どのようなものを評価対象にするかは、会社の業務内容などによって異なりますが、一般的に次のようなものが上げられます。

・目標の明確化
・業務の優先順位設定
・問題発見と問題解決
・意思決定
・コミュニケーション
・チームワーク
・部下の管理、指導、評価
・顧客ニーズの把握、顧客満足度の向上
・自己管理、行動管理
・自己啓発

前へ  次へ

関連リンク

賃金、人事制度講座目次

人材活性化講座目次

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

無料小冊子、メルマガ

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15
TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
E-Mail:info@hrm-consul.com

メンバー最新書籍、執筆記事

人事実務
「月刊人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」
(杉山秀文著)
経理ウーマン
「月刊経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」
(杉山秀文著)

プロの人事賃金コンサルタント
「プロの人事賃金コンサルタントに
なるための教科書」
(二宮孝著 日本法令)

労働条件審査実践マニュアル
「労働条件審査実践マニュアル」
(五十嵐一浩、杉山秀文著 日本法令)

労働条件審査実務
「DVD 手順でわかる労働条件審査実践実務」
(五十嵐一浩、杉山秀文 日本法令)

朝型勤務実践ガイド
「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」
(杉山秀文著
ビジネスパブリッシング)