本文へスキップ

人事・労務問題解決のパートナー/社会保険労務士のコラボレーション/賃金制度、人事評価制度

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル
TEL.
03(5665)3570 e-mail. info@hrm-consul.com

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15

人材活性化講座recture

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

賃金、人事制度講座

人事評価の「甘辛調整」はどうする?Part2

評価の甘辛などがある(ありそうな)場合、どうしたらいいのでしょうか?
悩ましい問題です。

そもそもそれが、本当に「甘すぎ」、「辛すぎ」なのかをどう判断するのでしょうか?
本当にその部署は、優秀な人が集まっているのかもしれません。(実際、評価を甘めにつける評価者は、このような主張をすることが多い)。
あるいは、その逆かもしれません。

評価者会議など、評価の全体調整をするしくみがあれば、そこに甘辛調整をゆだねることが可能です。あくまでも、その会議が、きちんと機能していることが前提ですが。

また、人事評価シートに、評価の根拠となるエビデンスを書くようになっていれば、それを判断基準にすることも可能です。
あくまでも、人事評価シートが機能していることが前提ですが。

いちいち、こんなことを書いている理由はお分かりいただけると思います。
形はあっても機能していないことが少なくないからです。

それはともかく…

上記のようなものがまったくなく、ただ一覧表に、部員の評価(A、B、Cなどの評語)を記入するだけという場合が厄介です。

「全体に評価が高めになっているので、修正をお願いします」と評価者に評価シートを返すと、その場合に決まって聞かれるのは、「それなら、A評価は何人ぐらいにすればいいのだ」ということです。

これが定まっていれば苦労はありません。
さらに言えば、これが定まっていれば、このような問題は起きません。

そんなことぐらい分かってほしいと人事部当局は思うわけですが、評価者の立場にしてみれば、「そんなこと言ってくるぐらいなら、あらかじめ決めておいてほしい」ということになります。
これもある意味、当然です。

かくして、評価の分布制限があるようなないような、曖昧模糊とした評価制度が運用されることになるのです。


前へ  次へ

関連リンク

賃金、人事制度講座目次

人材活性化講座目次

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

無料小冊子、メルマガ

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15
TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
E-Mail:info@hrm-consul.com

メンバー最新書籍、執筆記事

人事実務
「月刊人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」
(杉山秀文著)
経理ウーマン
「月刊経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」
(杉山秀文著)

プロの人事賃金コンサルタント
「プロの人事賃金コンサルタントに
なるための教科書」
(二宮孝著 日本法令)

労働条件審査実践マニュアル
「労働条件審査実践マニュアル」
(五十嵐一浩、杉山秀文著 日本法令)

労働条件審査実務
「DVD 手順でわかる労働条件審査実践実務」
(五十嵐一浩、杉山秀文 日本法令)

朝型勤務実践ガイド
「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」
(杉山秀文著
ビジネスパブリッシング)