本文へスキップ

人事・労務問題解決のパートナー/社会保険労務士のコラボレーション/賃金制度、人事評価制度

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル
TEL.
03(5665)3570 e-mail. info@hrm-consul.com

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15

人材活性化講座recture

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

賃金、人事制度講座

目標管理(5)〜目標管理制度の目的とは?(3)〜個人の視点で見た目標管理


目標管理制度を、個人の視点で見ると、どうなるでしょうか?

(1)能力開発

前回、「目標管理の目的に人材育成がある」というお話をしました。
それを個人の側から見ると、自己の能力開発、キャリア開発ということになります。

  • 目標を立て、その実現のために何を身につけなければならないかを考え、実行する
  • 達成度をチェックし、自分に何が足りなかったか、これから何を身につけなければならないかを考え、実行する

こうした一連のことが、キャリアアップにつながるわけです。

(2)人事評価の透明性、納得性

目標管理が人事評価のツールとして使われると、自分につけられた評価の理由が明確になります。
ただしこれは、次の一連の仕組みが的確に行われることが前提です。

  • 目標設定
  • 進捗管理
  • 達成度評価
  • 評価のフィードバック

目標管理の根底に流れるコンセプトは、「個人の自主性、自立性を重視したマネジメントシステムの確立」ということがあります。
ここを抜きにして、単なる評価の道具、業績管理の道具として目標管理を導入すると、ほぼ間違いなく失敗します。

目標管理とは、マネジメントシステムです。
ですから、この仕組みが会社で体質化し、定着するまで続けるべきです。逆に言うと、もしそれが実現したら、目標管理という「制度」「手続き」はやめていいのです。

前へ  次へ

関連リンク


賃金、人事制度講座目次

人材活性化講座目次

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

無料小冊子、メルマガ

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15
TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
E-Mail:info@hrm-consul.com

メンバー最新書籍、執筆記事

人事実務
「月刊人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」
(杉山秀文著)
経理ウーマン
「月刊経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」
(杉山秀文著)

プロの人事賃金コンサルタント
「プロの人事賃金コンサルタントに
なるための教科書」
(二宮孝著 日本法令)

労働条件審査実践マニュアル
「労働条件審査実践マニュアル」
(五十嵐一浩、杉山秀文著 日本法令)

労働条件審査実務
「DVD 手順でわかる労働条件審査実践実務」
(五十嵐一浩、杉山秀文 日本法令)

朝型勤務実践ガイド
「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」
(杉山秀文著
ビジネスパブリッシング)