本文へスキップ

人事・労務問題解決のパートナー/社会保険労務士のコラボレーション/賃金制度、人事評価制度

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル
TEL.
03(5665)3570 e-mail. info@hrm-consul.com

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15

人材活性化講座recture

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

人材育成・活性化講座

社内公募制度構築・運営のノウハウ(3)

社内公募は、いつどんなタイミングで実施するのがいいのでしょうか?
また、公募案件はどのように決めればいいのでしょうか?

「いつでもOK、案件は自由」というのが、もっとも自由な、「究極の社内公募」でしょう。
会社内に、自由競争の人材市場が出現することになります。

しかしこれで本当に会社の運営ができるのかというと、疑問符をつけざるを得ません。
そのような事例も、私は知りませんし。

やはり一定のルールが必要でしょう。

【社内公募の時期】

随時可能とする方法と、時期を設定する方法の2つがあります。

どちらがいいのでしょうか?

ここで、社内公募の目的を考えてみましょう。

社内公募の目的は、次の2つです。
1)事業遂行に必要な人材を発掘する
2)社員の自律を促進し、人材を育てる

1番目の目的から言えば、公募の時期は随時とする方がいいでしょう。
経営は生き物です。
いつ、どんな事業展開が発生し、どんな人材が必要になるかをあらかじめ決めておくことはできません。

一方、2番目の目的に照らすと、時期はある程度決めておいた方がいいでしょう。
公募の時期を決めておけば、人事評価、自己申告、面談などの人事諸制度と関連付けた運用ができます。
また、従業員にとっても、社内公募の時期を念頭において自分のキャリア開発を考え、
「これだ」と思ったら手を上げるということができます。

以上から考えると、次のような方法が良いかと思います。
1)時期は年1〜2回で設定する。
2)事業運営上の必要が生じたら、上記とは別に臨時で実施する。

前へ  次へ

関連リンク


人材育成講座目次

人材活性化講座目次


TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

無料小冊子、メルマガ

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15
TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
E-Mail:info@hrm-consul.com

メンバー最新書籍、執筆記事

人事実務
「月刊人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」
(杉山秀文著)
経理ウーマン
「月刊経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」
(杉山秀文著)

プロの人事賃金コンサルタント
「プロの人事賃金コンサルタントに
なるための教科書」
(二宮孝著 日本法令)

労働条件審査実践マニュアル
「労働条件審査実践マニュアル」
(五十嵐一浩、杉山秀文著 日本法令)

労働条件審査実務
「DVD 手順でわかる労働条件審査実践実務」
(五十嵐一浩、杉山秀文 日本法令)

朝型勤務実践ガイド
「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」
(杉山秀文著
ビジネスパブリッシング)