本文へスキップ

人事・労務問題解決のパートナー/社会保険労務士のコラボレーション/賃金制度、人事評価制度

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル
TEL.
03(5665)3570 e-mail. info@hrm-consul.com

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15

人材活性化講座recture

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

非正社員活用講座

パートタイマー賃金制度構築講座(2)


◆人事制度として何を考えるか?

「人事制度をつくりましょう」と言う場合、何を考えたらいいのでしょう?

賃金テーブル。これは必須ですね。
どんなかたちにするか、どのぐらい精密なものにするかは様々ですが、何かしら、賃金表とか、昇給表と呼べるものは、必ず作らなくてはなりません。

ここまでは、大体、どの会社もやっていることです。

では、賃金テーブルだけつくれば、それでOKでしょうか?
それでは、個々のパートタイマーの賃金を、どうやって決めますか?

募集時は、同業他社や、同じ地域の賃金相場を見ながら決めることができます。 また、こうした賃金相場を無視して、募集時賃金を決めることはできません。

では、すでに働いている人の賃金は、どうしますか? ずっと、据え置きというわけにはいきませんよね?
それでも、定着してくれればいいのですが、働き続けていれば昇給もあるという会社があれば、そちらに人は流れていくでしょう。

会社の「支払能力」が許せば、勤務を継続して、会社に貢献している人には、賃金で報いたいものです。

ポイントは「貢献度」。
一律に賃上げすればいいというものではありません。

そこで必要になるのが、人事評価の仕組み。 ここは必須です。
人事評価がきちんと行われていない職場は、「働きにくいと感じる職場」のトップにあげられています。

パートタイマーも、勤続を積んでいくと、仕事の質、責任の重さが上がっていきます。 それが、有効活用。

では、入社したばかりで、単純な仕事を担当している人と、責任の重い仕事をしている人と、同じ「パートタイマー」としてくくってしまって、いいものでしょうか?

賃金で差をつければ、それでいいというものではありません。
その人に、やりがいをもって仕事をしてもらうには、「金銭報酬」だけでなく、「非金銭報酬」も欠かせません。 会社が、その人の力を認めているのなら、それに見合ったポジショニングをする必要があります。

こうすることで、人は動機づけられ、より高い成果を目指してがんばります。 これが「格付」

◆人事制度「3点セット」

つまり… 1)賃金制度 2)人事評価制度 3)格付制度 この「3点セット」を整備し、それぞれを連携させることが、パートタイマー活用の必要条件なのです。
これに、「柔軟な勤務制度」を組み合わせていくのです。

簡単ではありませんが、正社員については、こういう制度を、それなりにつくっている会社は少なくありません。 パートタイマーだから、適当でいいということにはなりません。
もし、真剣にパートタイマーの活用を考えているのなら、ここを手抜きしないようにしましょう。

「正社員の制度も、きちんとできていないけど…」 もし、そうなら、こちらも整備しましょう。
人材の活性化と活用 生き残りのキーワードですから。

前へ  次へ

関連リンク


非正社員活用講座目次

人材活性化講座目次


TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

無料小冊子、メルマガ

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15
TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
E-Mail:info@hrm-consul.com

メンバー最新書籍、執筆記事

人事実務
「月刊人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」
(杉山秀文著)
経理ウーマン
「月刊経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」
(杉山秀文著)

プロの人事賃金コンサルタント
「プロの人事賃金コンサルタントに
なるための教科書」
(二宮孝著 日本法令)

労働条件審査実践マニュアル
「労働条件審査実践マニュアル」
(五十嵐一浩、杉山秀文著 日本法令)

労働条件審査実務
「DVD 手順でわかる労働条件審査実践実務」
(五十嵐一浩、杉山秀文 日本法令)

朝型勤務実践ガイド
「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」
(杉山秀文著
ビジネスパブリッシング)