本文へスキップ

人事・労務問題解決のパートナー/社会保険労務士のコラボレーション/賃金制度、人事評価制度

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル
TEL.
03(5665)3570 e-mail. info@hrm-consul.com

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15

人材活性化講座recture

人件費管理講座

人件費を考える指標には何があるか

人件費を考える指標として、代表的なものは、次の2つです。

  1. 売上高人件費比率
  2. 労働分配率

今回は、売上高人件費比率について考えてみます。

◆売上高人件費比率とは

売上高に占める人件費の比率です。
そのままですが。

これは、次の算式で出します。

人件費÷売上高


売上高とは、事業本来の活動から得られる収入です。

したがって、売上高人件費比率とは、収入をあげるために、どのぐらいの人件費がかかっているのかを見る指標と言えます。

◆売上高人件費比率を使うメリット、デメリット

売上高人件費比率のよさは、分かりやすさでしょう。

売上高というのは、誰もが、一番実感できる業績数字です。
したがって、それに対する人件費の比率を見れば、自社の人件費の状態が割とよく分ります。

もし、売上高人件費比率がとても高くなってきたら、「売上がほとんど人件費で消えてしまっている」ということになり、誰でも、「これはまずい」と感じるはずです。


しかし、人件費比率に限った話ではありませんが、売上高だけを見ていても、限界があります。

売上を上げているだけでは、会社はもちません。
また、会社と労働者の、「成果の分配」をどうするかという点からも、売上高人件費比率は使えません。


事業活動を通じて会社が生み出した「価値」を基準にする必要があるのです。

前へ  次へ

関連リンク


人材活性化講座目次


無料小冊子、メルマガ

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15
TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
E-Mail:info@hrm-consul.com

メンバー最新書籍、執筆記事

人事実務
「月刊人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」
(杉山秀文著)
経理ウーマン
「月刊経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」
(杉山秀文著)

プロの人事賃金コンサルタント
「プロの人事賃金コンサルタントに
なるための教科書」
(二宮孝著 日本法令)

労働条件審査実践マニュアル
「労働条件審査実践マニュアル」
(五十嵐一浩、杉山秀文著 日本法令)

労働条件審査実務
「DVD 手順でわかる労働条件審査実践実務」
(五十嵐一浩、杉山秀文 日本法令)

朝型勤務実践ガイド
「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」
(杉山秀文著
ビジネスパブリッシング)