本文へスキップ

人事・労務問題解決のパートナー/社会保険労務士のコラボレーション/賃金制度、人事評価制度

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル
TEL.
03(5665)3570 e-mail. info@hrm-consul.com

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15

人材活性化講座recture

人件費管理講座

人件費はコントロール可能か? Part2

人件費には、単純に「コントロールできる・できない」の一方に分類できないものもあります。

それは次の項目です。

・所定時間内賃金
・所定時間外賃金
・退職金費用

◆所定時間内賃金

コントロールできるかどうかは、制度設計次第です。

賃金が年功序列型の場合は、コントロールする余地は極めて限られてきます。
特に年齢や勤続に応じて自動的に昇給するような仕組みであったり、自動昇給の割合が大きいような場合ですね。

会社ができるのは、ベースアップをどうするかをコントロールすることだけ。
つまり、「上がり方」のコントロールです。

「日本の賃金は下方硬直性が強い」と言われるゆえんです。

これを弾力的に運用できるようにしたのが成果主義型賃金です。
成果主義の主目的は、人材の戦力化ですが、賃金を会社業績と個人・部署の成果に応じて柔軟に決定できるようにするという人件費管理も、目的のひとつになります。

ただ、月例賃金、特に所定時間内賃金は、ある程度の安定性も必要です。
制度設計の際には、その点も考慮に入れるようにしましょう。

◆所定時間外賃金

これは残業時間・休日出勤時間次第です。
したがって、業務の繁閑次第ということになります。

また、会社が強い意志をもって時短を進めることで、この部分を削減することは可能です。

◆退職金費用

これも所定時間内賃金同様、制度設計次第です。
ただ、将来の退職金負担を抑制するために、退職金制度を変更する場合は、既得権の問題に要注意です。

前へ  次へ

関連リンク


人材活性化講座目次


無料小冊子、メルマガ

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15
TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
E-Mail:info@hrm-consul.com

メンバー最新書籍、執筆記事

人事実務
「月刊人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」
(杉山秀文著)
経理ウーマン
「月刊経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」
(杉山秀文著)

プロの人事賃金コンサルタント
「プロの人事賃金コンサルタントに
なるための教科書」
(二宮孝著 日本法令)

労働条件審査実践マニュアル
「労働条件審査実践マニュアル」
(五十嵐一浩、杉山秀文著 日本法令)

労働条件審査実務
「DVD 手順でわかる労働条件審査実践実務」
(五十嵐一浩、杉山秀文 日本法令)

朝型勤務実践ガイド
「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」
(杉山秀文著
ビジネスパブリッシング)