本文へスキップ

人事・労務問題解決のパートナー/社会保険労務士のコラボレーション/賃金制度、人事評価制度

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル
TEL.
03(5665)3570 e-mail. info@hrm-consul.com

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15

人材活性化講座recture

人件費管理講座

人件費を考える3つの視点


◆悩ましい人件費問題

「当社の人件費をどうしよう?」

この問題に頭を悩ませる経営者はたくさんいます。
しかし、やみくもに削減すればいいというものではありません。

人件費、賃金は、会計上は経費ですが、経営の視点でみると、将来の価値を生み出す「投資」というとらえ方もできるからです。

そう、「人材投資」ということです。

「従業員は活性化、戦力化したい」
「優秀な人材は引き留めたい」
「人件費は膨張させたくない」

このような、一見、相反する願いを、どの経営者ももっていることでしょう。

では、どうすれば?

「そんなうまい話、あるわけない」

こう言ってしまっては、身も蓋もありません。
そして、「あるわけない」わけではありません。

◆人件費を考える「3つの視点」

人件費問題には、さまざまな切り口があります。

これを整理すると、次の3つに整理できます。

1つ目は、「経費」。
会社の支出項目としての人件費です。
これは当然のことながら、「会社の視点」。
そして、ポイントは、業績との連動。つまり、利益が出る水準に、いかにおさめるかという、「コントロール」です。

2つ目は、「生活」。
いわば、「食える賃金」。
「働く人の視点」となります。
ただ、生活が維持でき、かつ楽しむことができる賃金を出せれば、その分働く人には心身の余裕ができ、仕事にもいい影響を与えます。
つまり、「労働力の再生産」という面もあります。

3つ目は、「動機づけ」。
賃金が働きに報いるかたちになっていれば、働く人は賃金に動機づけられ、さらに上を目指します。
これは、「働く人の視点」と「会社の視点」の両方が関係します。

◆人件費を考える「3つのメソッド」

この「3つの視点」で会社の人件費、賃金を捉え、望ましい姿にしようとするには、「3つのメソッド」を使います。

  • メソッド1:人件費コントロールの仕組み
  • メソッド2:賃金決定の仕組み、すなわち賃金体系
  • メソッド3:人員計画の仕組み

前へ  次へ

関連リンク


人材活性化講座目次


無料小冊子、メルマガ

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15
TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
E-Mail:info@hrm-consul.com

メンバー最新書籍、執筆記事

人事実務
「月刊人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」
(杉山秀文著)
経理ウーマン
「月刊経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」
(杉山秀文著)

プロの人事賃金コンサルタント
「プロの人事賃金コンサルタントに
なるための教科書」
(二宮孝著 日本法令)

労働条件審査実践マニュアル
「労働条件審査実践マニュアル」
(五十嵐一浩、杉山秀文著 日本法令)

労働条件審査実務
「DVD 手順でわかる労働条件審査実践実務」
(五十嵐一浩、杉山秀文 日本法令)

朝型勤務実践ガイド
「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」
(杉山秀文著
ビジネスパブリッシング)