本文へスキップ

人事・労務問題解決のパートナー/社会保険労務士のコラボレーション/賃金制度、人事評価制度

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル
TEL.
03(5665)3570 e-mail. info@hrm-consul.com

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15

人材活性化講座recture

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

人件費管理講座

人件費を考える指標には何があるか(3)


◆わが社の人件費は高い?低い?

「わが社の人件費は高いのか?低いのか?」
これは分かっているようで、実はそうでもありません。

「賃金水準」なら、まだ分かりやすいでしょう。
(実際、「人件費が高い(低い)」と言いながら、よく聞いてみると「賃金水準」の話だったということがよくあります)

◆労働分配率

人件費水準が高いか、低いか、つまり人件費水準が適正かどうかを見る指標として、「労働分配率」があります。

これは、「付加価値÷人件費」という算式で出します。

◆付加価値

ここで問題になるのが、「付加価値」。

付加価値とは、「企業が生み出した経済価値」と定義できます。

したがって、「付加価値=売上高−外部購入費用」ということになります。
つまり、会社に入ってきた収入から、外部に出ていったおかねを差し引いた残りということです。

概念的にはそういうことになるのですが、実務的には、付加価値の算出には、次の2通りがあります。

  1. 控除方式:売上高−外部購入費用
  2. 積み上げ方式:付加価値を構成する費用の合計

本来この2つは、同じになるはずですが、統計調査などでは、費目の取り方などによる違いが生じるのが現実です。

主な付加価値統計の算定式は、次の通りです。
(資料出所:「労働分配率のすべて」労働新聞社)

@中小企業庁「中小企業の財務指標」
付加価値=経常利益+労務費+人件費+支払利息割引料−受取利息配当金+賃借料+租税公課+減価償却費

A経済産業省「工業統計表」
付加価値=生産額−原材料試用額等−減価償却費
※労働分配率計算のための人件費は現金給与総額)

B財務省「法人企業統計年報」
付加価値=営業利益+役員給与+従業員給与+福利厚生費+支払利息等+動産不動産賃借+租税公課

前へ  次へ

関連リンク


人材活性化講座目次


TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

無料小冊子、メルマガ

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15
TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
E-Mail:info@hrm-consul.com

メンバー最新書籍、執筆記事

人事実務
「月刊人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」
(杉山秀文著)
経理ウーマン
「月刊経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」
(杉山秀文著)

プロの人事賃金コンサルタント
「プロの人事賃金コンサルタントに
なるための教科書」
(二宮孝著 日本法令)

労働条件審査実践マニュアル
「労働条件審査実践マニュアル」
(五十嵐一浩、杉山秀文著 日本法令)

労働条件審査実務
「DVD 手順でわかる労働条件審査実践実務」
(五十嵐一浩、杉山秀文 日本法令)

朝型勤務実践ガイド
「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」
(杉山秀文著
ビジネスパブリッシング)