本文へスキップ

人事・労務問題解決のパートナー/社会保険労務士のコラボレーション/賃金制度、人事評価制度

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル
TEL.
03(5665)3570 e-mail. info@hrm-consul.com

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15

人材活性化講座recture

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

人材育成・活性化講座

どんな人材を育成したいのか(3)

人材育成では、まず最初に、「どんな人材を育てたいのか」、つまり「育成目標」を考える必要があります。
そして、それは、

  • 何を教えるのかという「育成対象」
  • どのレベルにもっていくのかという「育成レベル」

この2つの基準で考えると分かりやすくなります。

この基準で整理すると、育成目標は次の4象限で捉えることができます。

  1. 実務知識・スキル――ミニマム・レベル
  2. 実務知識・スキル――アドバンス・レベル
  3. コンセプチュアル・スキル−−ミニマム・レベル
  4. コンセプチュアル・スキル−−アドバンス・レベル

それでは、この4象限を具体的に見ていきましょう。

1)実務知識・スキル−ミニマム・レベル

仕事をしていく上で、最低限必要な知識・スキルです。これが身についていないと、その会社の仕事はできません。
新入社員、人事異動や業務分担変更などで新しい仕事を担当することになった人などが、主な教育対象になります。

教育内容は、大きく次の2つになります。

  • マーケティングなど業務の基礎になるような理論や法律知識などの汎用的な知識
  • その会社固有の実務知識・スキル

教育方法は、まず教室での集合研修、そして職場でのOJTというステップを踏みます。
対象者が少ないなど、集合研修をやることが難しい場合は、いろいろな教育機関が実施しているオープンセミナーから適切なものを選んで、受講させます。
通信教育、eラーニングなども有効な手段です。

タイミングを逃すと、教育効果も薄れますから、事前に計画的に進める必要があります。
特に、オープンセミナーなどは、受けたい(受けさせたい)時期に、ぴったりのものが開催されているとは限りませんから、注意が必要です。

2)実務知識・スキル−アドバンス・レベル

既に実務をこなし、「標準以上」の評価を得ている人が対象になります。
たとえば、既にSEとして実績を積んできた人が、プロジェクト・マネジマントの手法を学ぶようなケースが該当します。

教育方法は、オープンセミナーが中心となります。
通信教育、eラーニングでも、適切な講座があれば利用できます。
ただ、選択眼をもった人が選ばなくてはいけません。この点は、ミニマム・レベルでも同じですが、アドバンス・レベルの場合、特に注意が必要です。
一見ハイレベルのように見えて、実はそうでもなかったということが、少なくありませんから。

3)コンセプチュアル・スキル−ミニマム・レベル

「コンセプチュアル・スキル」を直訳すると、「概念的技能」となります。
何だかよく分からないコトバになってしまいますが、要するに、具体的な形をもたないスキルです。
仕事をしていく上で特に重要と思われるものを上げてみます。

  • コミュニケーションスキル
  • プレゼンテーションスキル
  • 問題解決力
  • 情報収集力
  • 企画力

このようなスキルは、OJTと集合研修を交互に繰り返していくことで、身についていきます。
集合研修は、自社の業務実態を反映したオリジナルものの方がベターです。
しかし、それが現実に難しい場合は、オーオプンセミナーでもOKです。
ポイントは、「なぜこのセミナーを受ける必要があるのか」を事前にしっかりと理解させることです。
このようなことは、何もコンセプチュアル・スキル研修に限ったことではありません。どの研修にも、必ず必要なものです。

ただ、実務知識の研修と異なり、受講者にとって、目的が分かりずらいのも事実です。そのため、研修と業務の関係を、しっかりと理解してもらう必要があるのです。

4)コンセプチュアル・スキル−アドバンス・レベル

この場合の「アドバンス・レベル」とは、どのようなものでしょうか?

たとえば、コミュニケーション・スキルなどにも、「エントリー・レベル」と「アドバンス・レベル」があります。

それをもう少し具体的な姿に置き換えると、どうなるか?
「リーダーシップ」ということになります。
業務のリーダー、職場のリーダーとして、人を巻き込み、引っ張っていく力がリーダーシップです。

それでは、リーダーシップの中身は何か?それは、コミュニケーション・スキルや問題解決力など、「ミニマム・レベル」で上げたものと、ほぼ同じです。
ただし、そこに「リーダーとして」というコトバが頭につきます。

たとえば、問題解決力を例に取ってみましょう。
担当者レベルでの問題解決力とは、自分の担当業務の範囲に限定されます。
担当するお客さんからクレームがきた、開発中のプログラムにバグがあった、などです。

それでは、「リーダーとして」では?
問題の範囲が広がるのです。リーダーが率いるチーム全体の問題に範囲が広がります。
たとえば、自分が責任者をつとめているプロジェクトの進捗が遅れてきた、チームメンバーの人間関係が悪い、などです。

このスキルも、集合研修と業務経験の中で身につけていきます。
集合研修での教育部門の役割は、受講者に、研修の必要性をきちんと理解させることです。ミニマム・レベルと同様です。
もし複数の受講者がいれば、ケースタディを使って、お互いにディスカッションする場を設けるのがいいですね。

前へ  次へ

関連リンク


人材育成講座目次

人材活性化講座目次

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

無料小冊子、メルマガ

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15
TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
E-Mail:info@hrm-consul.com

メンバー最新書籍、執筆記事

人事実務
「月刊人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」
(杉山秀文著)
経理ウーマン
「月刊経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」
(杉山秀文著)

プロの人事賃金コンサルタント
「プロの人事賃金コンサルタントに
なるための教科書」
(二宮孝著 日本法令)

労働条件審査実践マニュアル
「労働条件審査実践マニュアル」
(五十嵐一浩、杉山秀文著 日本法令)

労働条件審査実務
「DVD 手順でわかる労働条件審査実践実務」
(五十嵐一浩、杉山秀文 日本法令)

朝型勤務実践ガイド
「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」
(杉山秀文著
ビジネスパブリッシング)