本文へスキップ

人事・労務問題解決のパートナー/社会保険労務士のコラボレーション/賃金制度、人事評価制度

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル
TEL.
03(5665)3570 e-mail. info@hrm-consul.com

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15

人材活性化講座recture

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

人材育成・活性化講座

計画的な人材育成を

事業活動は、PDCのサイクルで回っていきます。
P=Plan(計画)、D=Do(実行)、C=Check(検証)ですね。

日常、このサイクルをどれだけ意識しているかは、その会社の仕事の仕組み、1人1人の仕事への取り組み方によると思います。しかし、どんな会社でも、予算と決算は必ずあります。そして、みな、予算達成のために日々努力しているわけです。

このPDCという当たり前のサイクルと無縁なことが多いのが、教育研修なのではないでしょうか。

このサイクルが回りにくい理由のひとつとして、研修の効果測定の難しさがあります。
研修は、実務に密着したようなものを除くと、実施してすぐに効果が出るということはあまりありません。
そのため、「研修をやっても、どれだけ効果があるのか?」ということになってしまうのです。

効果測定が難しいというのは、ある程度は仕方のないことだと私は考えています。
でも、だから効果測定はやらなくていいということではありません。この問題、また項を改めてお話します。

もっと問題なのは、何のために研修をやっているのか、会社も人事部門もきちんと認識していないケースが多いということです。

「何のために研修をやるのか」という原点を考えてみましょう。

会社には色々な人材がいます。人材のレベルも様々です。
一方、会社が業績を上げていくには、人材のレベルも上げていかなくてはなりません。

会社が求める人材レベルと、現実の人材レベルにギャップが生じている場合、そのギャップを埋める必要があります。

研修をなぜやるのか――この理由はいろいろありますが、最も優先度の高いのは、この「ギャップを埋める」ということです。

ということは、研修を実施する上で、まずやらなくてはならないのは、次の3つです。

  1. 会社の求める「人材像」を明確にする
  2. 会社経営上、優先順位の高いことがらを明確にする
  3. 今、会社にいる人材1人1人のレベル、得意・不得意を洗い出す
1)会社の求める「人材像」を明確にする

もし職能要件書のような、「会社が求める人材とは何か」を整理したものがあれば、それを使うのがいいでしょう。
なければ、そのようなものを作っていきましょう。

2)会社経営上、優先順位の高いことがらを明確にする

予算、経営計画などから拾い出します。場合によったら、経営トップに聞くのがいいかもしれません。

3)今、会社にいる人材1人1人のレベル、得意・不得意を洗い出す

人事評価の結果などを活用しましょう。人事評価は、賃金や賞与を決めるためだけにやるのではありません。人材育成にも活用しましょう。

前へ  次へ

関連リンク


人材育成講座目次

人材活性化講座目次

TOP | ACEのご紹介 | ACEのコンセプト | ACEのサービス/料金表 | 人材活性化講座 | メルマガ/小冊子 | お問い合わせ | 就業規則作成・見直し

無料小冊子、メルマガ

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15
TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
E-Mail:info@hrm-consul.com

メンバー最新書籍、執筆記事

人事実務
「月刊人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」
(杉山秀文著)
経理ウーマン
「月刊経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」
(杉山秀文著)

プロの人事賃金コンサルタント
「プロの人事賃金コンサルタントに
なるための教科書」
(二宮孝著 日本法令)

労働条件審査実践マニュアル
「労働条件審査実践マニュアル」
(五十嵐一浩、杉山秀文著 日本法令)

労働条件審査実務
「DVD 手順でわかる労働条件審査実践実務」
(五十嵐一浩、杉山秀文 日本法令)

朝型勤務実践ガイド
「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」
(杉山秀文著
ビジネスパブリッシング)